2009年11月04日

たばこ税

たばこ税の増税の議論が活発です。
 
たばこ税には、国税部分と地方税部分で構成され、1本当たり合計8.744円が課されています。このうち約半分が地方、半分が国の税収になっています。
 
長妻大臣は、厚生労働省の立場からたばこ税の増税を言及し、各業界へと波紋が広がっています。
個人的には非喫煙家であり、本人及び周囲への健康被害や税金負担分の医療費増加抑制を考慮するなら、思いきった増税に一票です。
というのも、税収が増えるもよし、禁煙家が増加するもよし、喫煙率の低下で健康被害が低下するもよし、です。
 
愛煙家には、お気の毒にとしかいいよう無いのですが・・・・・
posted by ドンドン at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題
この記事へのコメント
記事がなかなか更新されておられませんでしたので、心配しておりました。
さて、タバコ増税は単体で語ると問題点も多いですが、これからの民主党の政策が筋の通ったものであれば賛成です。
税金が重いと感じても、他のものはなかなか抑制できませんが、自制して本数を減らすことでコントロールできます。
もっとも、博打と酒とタバコは自制するのが難しいそうですが・・・。
Posted by 金本博至 at 2009年11月08日 19:19
お好きな方からは恨まれそうですが、直観的には賭博、酒、タバコについて今以上の課税であってもいいような気がします。
Posted by ドンドン at 2009年11月12日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33423623

この記事へのトラックバック