2009年07月06日

フェデラー再び

ウィンブルドン選手権で、フェデラーが、圧倒的なサービス力を誇るロディックをフルセットの末に下し、王座に返り咲いたそうだ(途中から眠ってしまい最後まで見ていません)。
 
今大会は世界ランク1位のナダルが故障欠場し、優勝して当たり前と評されているなかでの試合は、ナダル不在によるモチベーション低下、マスコミの注目、参加選手のターゲット等々の理由により、かえって難しいように思われる。
 
昨年来、若武者ナダルに屈する試合が続き、「史上最強のオールラウンダー王者と評されるフェデラーにもいよいよ落日が訪れた」とも言われているのだが、わずかな弱点を克服し再びウィンブルドンチャンピオンシップを手にしたフェデラーのファイティングスピリッツに★★★。
 
 
 
posted by ドンドン at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30338550

この記事へのトラックバック