2009年02月14日

続小泉劇場?

小泉元首相は「怒るというより笑っちゃうくらい」と述べ、現首相麻生太郎氏を痛烈に批判した。
 
この小泉爆弾発言の衝撃(麻生首相の常識外れ発言をも凌駕する)が、昨日日本中を駆け巡った。小泉元首相がその政治生命を賭して遂行した郵政民営化を、麻生首相が否定するかのような発言に端を発し、奇人の逆鱗に触れた結果である、マスコミはそのように表現した。
 
小泉氏は、日本の政治家のほとんどが不得手とするマスコミを通じて民意を煽る処方に長け、熱血と冷静を併せ持つ、良くも悪くもしたたかな政治家であると、私は常々考えている。その小泉氏の発言は、単なる民営化否定のリアクションであろうはずがなく、おそらく今後の布石となる一手なのではないだろうか。 
 
というのも、小泉氏は「首相の発言に信頼がなければ選挙を戦えない」とも発言している。今年の選挙において自民党の惨敗は免れず、下手をすると解党の危機に瀕するとも噂される現状を鑑みれば、同氏の発言は、窮地に追い込まれた主人公がどんでん返しを起こして危機を脱する‘小泉劇場’の続編のようにも思われる。
 
「まもなく引退する小泉氏に何ができるのか」という意見もあるが、中曽根元首相に引退を勧告し「あなたの影響力は政治家を引退しても変わることはない」と述べたのはまさに小泉氏なのである。もしかすると、この発言は小泉劇場第二幕が開演するブザーの音なのかもしれない。
 
 
posted by ドンドン at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事問題
この記事へのコメント
小泉さんの真意は?

仰るとおり、マスコミの利用を得手とする小泉さんであるから、単なる感情論をマスコミに晒したとは考えにくい。

また、このコメント前に麻生首相とも森元首相とも談話した事実が知れ渡っていることから、この発言をもって自民党の方向性を一致団結してもう一度示す機会としたかったのかもしれない。

民衆の関心を麻生首相批判からの自民党大敗への方向から、自民党内の反麻生への期待(結果、自民党員であっても、この人たちには票が入る可能性がある。)へ向けるといった・・・。

ドンドンさんが書いておられる「窮地に追い込まれた主人公」が自民党と考えるのであれば、全くの同意見です。
Posted by ikutax at 2009年02月17日 12:30
いつもコメントありがとうございます、ikutaxさん。

ところで、いつもフライング気味のドンドンは第二幕の筋を秘かに練っています。

それは「自民党が‘首相の直接選挙制’をマニフェストに掲げての衆議院選挙突入」!!、さらに直前の選挙管理内閣は小池百合子か?

これを目玉に麻生で窮地に追い込まれた自民党を逆転勝利に導く筋書き、ひょっとすればひょっとするかも??
Posted by ドンドン at 2009年02月17日 14:21
首相の直接選挙ということは日本も大統領制となるということでしょうか。

それとも日本版大統領とでもいうべきものでしょうか。

いずれにしても、私は小池百合子が出てきても今回は自民党の敗北は必至と考えています。
これで、ひっくり返らないようでは民主党は2大政党のひとつといえず、所詮は最大の野党でしかないのだから、それこそ価値が薄れてしまいます。

でも、こんな情勢の今だけでも政局を前面に出さない政治を個々の政治家にしてもらいたいものです。それこそプライドを賭けて。

Posted by ikutax at 2009年02月17日 18:09
アメリカ版大統領制でも日本版のそれでもなく、首相公選制度(小泉氏氏が首相時代に検討案件として議論しており調査報告書も公表していたかも?)と言いたかっただけなのです。

制度はさておき、日本丸の展望を描けない政治家達と省庁の権益優先に走る官僚たち・・・・・日本の行く末が心配ですね。

Posted by ドンドン at 2009年02月18日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26719339

この記事へのトラックバック