2009年01月29日

w杯最終予選前

サッカー日本代表チームが、今年初めてのAマッチを、中東の地マナマでバーレーンと戦った。ネットニュースで知ったのだが、前半セットプレーから1点を奪われ、最後まで得点の形さえつくることができず完敗したようである。一喜一憂している時ではないが、非常に残念で、なお且つ今後に大きな不安を残してしまった。
 
攻撃は最大の防御なり・・・・・米国軍参謀か誰かが述べた格言のようであるが、サッカーにおける基本はディフェンス力にあると常々私は考えている。そして、マスコミ等で語られることはほとんどないのだが、日本A代表そしてJリーグクラブ全般の傾向として、ディフェンス力の弱いことが最大の問題点であると睨んでいる。そのレベルはワールドクラスに遥か及ばず、アジアレベルの中でも優れているとはいえない。このことは得点力不足よりも深刻であろう。
 
世界レベルにあるチームは当然のことのように、そしてアジアトップクラスのディフェンダーでさえ高さと速さそして運動量を近年備えつつある。それと比較して、日本人ディフェンダーはいずれかが欠けていると言わざるを得ない。「背は高いが鈍い」「クレバーだが動けない」「俊敏だが背が低い」、こんなことを今さら言っても遅いのだが・・・・・・。
 
はっきりいって、2月11日が心配だもうやだ〜(悲しい顔)
 
 
 
posted by ドンドン at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
心配はつきものですが、今回のバーレーン戦とは全く違ったメンバーとなるでしょう。
ディフェンス力は個の力で足りない部分が多いのはそのとおりだと思います。

だから、それを踏まえたうえでの全体のバランスと中盤でのチェイスで埋めるのが日本流。(苦肉の策といえるでしょうが。)

雨が降って集中力の維持が難しくなるなか、高さと強さで勝負できるオーストラリアが中盤を飛ばしてロングボールを多用し、足元の利かないプレーをされたらお手上げかもしれませんが。

Posted by ikutax at 2009年01月30日 09:28
ikutaxさん、いつもカキコありがとうございます。

›それを踏まえたうえでの全体のバランスと中盤でのチェイスで埋めるのが日本流。(苦肉の策といえるでしょうが。)

その通りだと思います、それゆえ独W杯の対オーストラリア戦再現という悪夢が頭をよぎります。
Posted by ドンドン at 2009年01月30日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26065068

この記事へのトラックバック