2008年06月13日

G8財務大臣会議

本日明日と大阪が騒がしく、それは主要先進国財務相会議が催されるからである。
この会議は、来月に北海道で開催される洞爺湖サミットの一翼を担っており、このほか外務大臣会議も開かれる。

サミットが提唱され始まった頃とは状況が異なり、その重要性は低下し慣例化儀式化しているという批判も多い。素人考えでも、たった8カ国に限った先進国首脳の出席で、世界をコントロールすることは困難と考えられる。
しかし、せっかく日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、ロシア の大統領、首相、主要大臣が集うのであるから、山積している問題(例えば、原油と食料の投機マネー流入による価格高騰対策、不安定な為替相場の安定化、サブプライムローン問題に発した信用収縮対策、地球温暖化対策)について、共通した認識を持つことは大変有意義だと思う。

エラー続きの、福田首相、額賀大臣には、この当たりで少し男っぷりを上げてもらいたいものである。
 

posted by ドンドン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪城&周辺の案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15986255

この記事へのトラックバック