2008年04月07日

男優チャールトンヘストン

アメリカを代表する俳優チャールストンヘストン氏が亡くなった。
壮大な映画の主役が良く似合う俳優であったイメージがある。
 
CH氏の映画を初めてみたのは、確か‘十戒’か‘ベンハー’で、
その大柄な身体と誇張的演技は、良くも悪くもアメリカの正義を象徴していたのでは。
 
その後、‘大いなる西部’‘猿の惑星’‘ソイレントグリーン’‘パニックインスタジアム’等様々な映画に主演したが、彼の演技スタイルは不変であったと思う。
 
彼のような俳優は、その後出てきていないし、おそらく現れないような気がする。
一つの時代が過ぎ去った思いでいっぱいである。
posted by ドンドン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13723184

この記事へのトラックバック