2009年06月26日

ウィンブルドンの教訓

主催者推薦でクルム伊達公子が13年ぶりにウィンブルドンに帰ってきた。

ようやく録画で試合を見たのですが、初戦敗退したとはいえ18歳の第9シード選手と中盤までは互角以上に渡り合ったプレースタイルが新鮮かつ感動を覚えました。
 
そのプレースタイルとは、ボレー、スライスやライジング等を織り交ぜる伊達公子得意の多彩なショットであり、力で押しまくる21世紀型パワーテニスを一時振り回した。
 
「自分にできることを精一杯やっただけ」という彼女のインタビューを聞くにつれ、{無理な背伸び}{過度な縮小}を繰り返した日本ビジネスの再出発すべき原点を再発見した気分です。

posted by ドンドン at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年06月16日

名古屋出張

学会に出席するため、名古屋の名城大学まで出かけてきました。といっても、私が発表したり意見することはなかったので、聴講のため参加した程度なんですけれど・・・
 
それはさておき、名古屋は5年ほどご無沙汰で、下車した「近鉄名古屋駅」から地下鉄乗車するまでのあいだ、私は林立した新築ビル群を眺めながらその変貌ぶりにただただ驚くばかり。
 
その一方で、ビジネスユースが減少しているためか、ビジネスホテル代が安価なことにもびっくりしました。近畿圏同様に中部圏もまた景気が厳しいことを嗚呼実感!(当然といえば当然のことなのでしょうが)
 
タクシーの新人女性運転手の方が、「ほんの2〜3年前は結構遠距離ユーザーがいたそうですが、私は、(賃走で)岐阜や豊田まで行ったことがありません。先輩運転手の話が遠い昔話に感じます」とのこと。 
がんばろう日本!!
posted by ドンドン at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月11日

ハイブリッドカー

マイカーすごろくの‘上がり’が大排気量の高燃費車ではなくなってしまった今日この頃、低燃費の代表であるインサイト、プリウスに乗車する機会がありました。
 
乗車した率直な感想は、プリウスはエンジン補助のついた電気自動車、インサイトは電気補助の付いたエンジン自動車でした。「なんだそれは?」と思われるかもしれませんが、あくまでも私個人の素直な感覚です。そしてプリウスのほうが先端の技術をより多く取り入れているらしく、まさに大人のおもちゃ箱的です。
 
ただ助手席に乗っていて「どちらがほしいか」と聞かれたら、間違いなくインサイト! 
時代遅れとお思いでしょうが、私にとって「エンジン音はサウンド」「ロードノイズはゆりかご」、エンジン音が響いてこない、乗り心地が固くない(足回りが柔らかい)自動車は、気の抜けたビールだったのです。
 
機会があればインサイトとプリウスに乗車して乗り比べてください、同じハイブリッド車なのに違いが明確で、意外と面白いですよ。
posted by ドンドン at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記