2008年07月31日

7月の猛暑日

今日で7月も終わり、明日から8月です。
日中の気温が35℃以上の猛暑日、7月で何日ほど有ったのでしょうか。
DSCF1667.JPG思わず「暑っ!」 
 
通勤の途中に見つけた苦瓜。沖縄などの南国で出来るものと思っていましたが上町筋沿いの街路樹にまきついて大きな実が生っています。
DSCF1668.JPG上町筋に生る苦瓜
 
夕方6時を回っても、西の丸庭園の芝生の上は焼けつくような暑さです。
DSCF1688.JPG
posted by ドンドン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月21日

珈琲の旨い店 in中央区玉造

大阪女学院の北筋、城星学園の南側にあるカフェ、cafe wiener rose、ここの珈琲が旨い!
それもそのはず、豆を自家焙煎し、オーダーの度に豆を挽くこだわり。

そんな珈琲には砂糖もフレッシュも必要としない味わいと香りがある。
DSCF1670.JPGカフェ ヴィーナーローゼ
他ではなかなか味わえないウイーン風ケーキ、もちろんただ甘いだけの菓子ではなく大人も堪能できる風味。これもお忘れなく。
 
 詳細はcafe wiener roseのURL:http://wiener.cocotte.jp/

posted by ドンドン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪城&周辺の案内

2008年07月16日

玉造神社の夏祭り

玉造神社の夏祭りが夜の十時までということで、すこし覗いてきました。
DSCF1654.JPG
9時を回っていたのですが、結構な人出で、写真を撮るにも一苦労です。
ただ、夜店は閉店直前の雰囲気、なんとなく賑わいが去った‘後の祭り’感があって、結局何も買わずに帰ってきました。
 
家の近くの割烹「とんぼ」です、今度報告します。 
DSCF1622.JPG「とんぼ」の灯篭
posted by ドンドン at 23:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月15日

大阪金魚!

熱い!! 熱すぎます。
今年は6月頃まで涼しくて過ごしやすかったのに、7月になって急上昇した暑さがこたえます。こんなときは、祭りで汗をかいて?気分だけでも納涼しませんか。

大阪の夏といえば天神祭!、宵宮は24日、本宮は25日。
数年前までは、私の住むマンションから本宮で打ち上げられる花火が見えたのですが、周辺ビル高層化の影響で、見えなくなってしまいました。今年は大川周辺に出かけて、ビールを一杯とたくらんでいます。
 
ところで、いつのまにか大阪の夏の風物詩になった?「オーサカキング」は、7/26〜8/3に大阪城公園で催されます。今年のキャラクターが‘オオサカキンギョ’
オーサカキングのURL :  http://www.osakaking.com/
 
いよいよこれからが夏本番、暑さで夏バテの人も増えているようですが、この暑さを楽しむ工夫をしてみませんか。 
 

posted by ドンドン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪城&周辺の案内

2008年07月09日

黄昏の井戸端会議

壮大な井戸端会議、洞爺湖サミットが閉幕したようだ。残念なことに、井戸端会議でもいるであろうご意見番的なリーダーさえ不存在であったようで、世界中に先進工業国中のリーダー不在を露呈したといえるだろう。
 
また、多大な成果を期待していない見方が大勢を占めていたが、果たしてそうなった。数値なき目標や具体的な内容に欠ける金融&食料&燃料対策。まさに話題の時事問題を各々が好き勝手に話し合った‘井戸端会議’と呼ぶにふさわしいサミットだったといえる。
 
「いったい議長国の日本は何をしていたのか?」、と非難するには当たらないでしょう。国内の政治で左右の顔色を伺いながら調整のみに腐心する政治家に、サミットでの指導力を期待するほうが間違っていたのですから。

posted by ドンドン at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月06日

ダビング10

著作権問題が解決されていない気がするのですが、ダビング10が解禁になりました。
メーカーや流通はこれを夏商戦の起爆剤にしたいとの事ですが、「映像権者の保護は?」という単純な疑問を感じます。私的な利用のためだけで、同一映像をそんなにダビングする必要があるのでしょうか。
映像製作者の立場になって考えれば、「インセンティブの低下」は明らかだと思うのですが、いかがでしょうか。それとも、テレビや録画機メーカーや流通業者の販売インセンティブさえ重視すればよい何かがあるのでしょうかね。
すくなくとも、製作者がモチベーションを高揚させて優れた映像を作り出さないと、消費者が「新たにテレビや録画機を購入しよう」とはならず、長い目で見れば逆効果になる気がするのですが。
DSCF1619.JPG紫陽花を映し出す池
 
posted by ドンドン at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題

2008年07月05日

マラカイトグリーン

私は動物好きですが、住んでいるマンションでは犬猫の飼育が禁止されています。犬猫の飼育は諦め、10年ほど前から熱帯魚を飼っています。今のところ、最も長生きした魚はワイルドベタの‘エニサエ’、我家でなんと9年間生きました。熱帯魚屋さんの話だと、「卵から孵化してからなら10年以上生きてますよ」とのこと、今更ながら驚かされます。
 
ところで、たまに飼育している魚が病気にかかってしまいます。「白点病」「尾腐れ病」「エロモナス病」など様々な種類があって、このエニサエも白点病にかかりましたが、治療の甲斐あり無事生還しました。これら罹病の治療に役立つのが「グリーンF」で、その主成分は‘塩’と‘マラカイトグリーン’。治療方法が記載された本を探し、薬を探し、どうにかこうにか治療した記憶が残っています。そのマラカイトグリーンが鰻から検出されるとは!
 
ずさんな産地偽装や賞味期限改ざん、さらには使用禁止薬物の検出、いくらなんでもあんまりだと思います
モラル低下も甚だしく、今後は性悪説に立ったチェック体制の構築が必要でしょう。
スポーツだって、いくら立派なルールがあったとしても仮に審判がいなければ、勝利への欲求が強ければ強いほどスポーツから単なる抗争へと堕落してしまうでしょう。それと似たようなことではないかと危惧します。

 
 

posted by ドンドン at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題